-------- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | (--:--)  Page Top↑ Bottom↓ 

2004-10-26 (Tue)

「WE THREE」 (やぱJa その7)

ウィ・スリーウィ・スリー
(2008/01/23)
ロイ・ヘインズ

商品詳細を見る
アウト・オブ・ジ・アフタヌーンアウト・オブ・ジ・アフタヌーン
(2007/12/05)
ロイ・ヘインズ

商品詳細を見る

ロイ・ヘインズの「アウト・オブ・ジ・アフターヌーン」がお気に入りアルバムの一つだってことは前にも書いたけど、今までに僕が繰り返して聴いた回数一番多いアルバムは何だったろうってことで考えたら、やはりロイ・ヘインズの「WE THREE」というトリオアルバムだった。

Jazzを聴くことによって、感動するとかインスパイアされるとか、あるいは元気がでるとか内省のきっかけになるとかってことならこのアルバムの僕的ランクは低いんだけど、こと"聴くことによる心地よさ"ってことではトップクラス。気を抜きたい、気が抜けた時のまったりとした気分に浸りたい時なんかに軽めにかけているととても幸せな気分になれるってことがその最大の理由なんだよね。まだ自分のレコードなんて滅多に持てなかったJazz聴き始めの高校生の頃、テストが終わった直後なんかにもいつもJazz喫茶に行ってたんだけどそんな時には必ずリクエストしていた記憶がある。

この「WE THREE」というアルバムはフィニアス・ニューボーンJr.のピアノをフィーチャーしてロイヘインズのドラムとポール・チェンバースのベースが脇を固めた形になっているけれどヘインズの数少ないリーダーアルバムの一つなんだ。このアルバムが録音されたのは1958年だからその頃1926年生まれの彼は30歳過ぎたばかり、でも既にそのバッキングの才能は当時の巨匠といわれた人たちからも絶賛されてそのケレン味のなさからさまざまなグループから誘われ共演していた。
このアルバムはそんな彼が自分の家にもどって同年代の若手の兄弟と気のおけないセッションをいかにものびのびと楽しんでるって様が眼に浮かぶような気がするんだ。

ブルースライクなニューボーンのピアノとクリーンで歯切れのいいチェンバースのベース、ヘインズのドラムとのかけ合いはとても洗練されていて、曲によってはちょっとファンキーな一面もみせながらも品のよさがある小品だよ。

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ / ジャンル : 音楽

記事URL | やっぱJazzでしょ | トラックバック(0) | コメント(0) | (01:46)  Page Top↑ Bottom↓ 

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。