-------- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | (--:--)  Page Top↑ Bottom↓ 

2006-03-25 (Sat)

歌舞伎町区役所前 Xiaostyle TDG-501

0603IMAG7841rs新宿歌舞伎町 Xiaostyle TDG-501

スポンサーサイト

テーマ : トイカメラ / ジャンル : 写真

記事URL | 新宿 | トラックバック(0) | コメント(4) | (00:55)  Page Top↑ Bottom↓ 

2006-03-23 (Thu)

不夜城壁 Xiaostyle TDG-501

0603IMAG7845rs新宿歌舞伎町 Xiaostyle TDG-501

テーマ : 街の写真 / ジャンル : 写真

記事URL | 新宿 | トラックバック(0) | コメント(8) | (00:11)  Page Top↑ Bottom↓ 

2004-08-28 (Sat)

やっぱJazzでしょ その2

fc2 040224 PICT0313@新宿歌舞伎町 王城 DiMAGE Z1

数多ある歌舞伎町のJazz喫茶の中で、その頃の僕のお気に入りは、今も建物だけは残っている「王城」という名のマンモス喫茶の前にあった「ビレッジゲート」という店だった。
入口を入ると半地下と中2階状の2フロアに別れていて、ブラックの内装に明るさを抑えた蛍光灯照明が、ちょっとシックでモダンな佇まいのインテリアだった。
でもよくもまあ、通学鞄を手にした学生服姿の高校生を平気で入れてくれたもんだと今考えると不思議に思う。寛容な時代だったのかもしれないね(笑)。

毎日のように苦いだけのけっして美味しくない珈琲を口にしながら、色々なプレーヤーのサウンドを耳にして、最初に感動したのはアルトサックス・フルート奏者のエリック・ドルフィだった。とりわけ僕は彼のバスクラリネットの音色がとっても好みだった。

そこには、ラジオで深夜、家人を気にしながらボリュームを絞って聴くのとは全く違う世界があった。Jazzはやはりボリュームがないとインタープレイのニュアンスがよく伝わらないよね。

当時の超人気盤の一つだった「At the Five Spot Vol.1」はバップライクなドルフィのライブアルバムの最高傑作だと思うし、僕にとってエナジーの源泉だった。マルやブッカーリトルが好きになったのもこのアルバムが出発点だった。
また、たしか亡くなる1ヶ月ぐらい前に収録されたアルバム「Last Date」でのドルフィーのプレイは背筋が寒くなるくらい神がかり的で胸が熱くなった。

その頃から僕のJazz狂いは最初の結婚をするまで続いた。

テーマ : JAZZ / ジャンル : 音楽

記事URL | やっぱJazzでしょ | トラックバック(0) | コメント(0) | (02:59)  Page Top↑ Bottom↓ 

2004-08-26 (Thu)

やっぱJazzでしょ その1

fc2 040224 PICT0329@新宿歌舞伎町 DiMAGE Z1

僕たちの世代のミュージックライフは、ほとんどの場合ビートルズとグループサウンズとフォークソングから始まっている。
J-POPなんて洒落たネーミングはなかったけど、今の若い人たちと同じく当時は演歌なんてとても聴けたもんじゃなかった。
僕もご多分にもれず、せがんで買ってもらったギターを抱えて、友だちと一緒にとっつきやすかったフォークバンドの真似事をしていたこともある。

その頃はLP盤なんて中学生や高校生の子供の手が出る値段じゃなかったし、ステレオなんて夢のまた夢だった。テレビも今みたいに深夜までやっていなかったし、音楽番組も少なかった。それにチャンネル権は絶対的に親の手にあったから子供の自由にはならなかった。

で、情報源はもっぱらラジオ、家族が寝静まった後、勉強するって言いながらラジオの深夜放送に耳を傾けている毎日だった。
TBSのパックインミュージックとか文化放送のセイヤングなんてのを、その日の出演DJやその日の気分で切替えて夢中になって聴いていたけど、僕の場合、高校2年になった頃にはちょっと飽きがきていた。

そんな時、ラジオのチューナーを回していて発見したのが「ラジオ関東(今はラジオ日本というのかな)」という局で、記憶は定かでないけれど、たしか深夜12時頃やっていたJazz番組。モンティ本多(本多俊夫)さんのDJで「ミッドナイトジャズ」って番組だった。

オープニングに必ず流れるのは、チコハミルトン・クインテットの"ブルーサンズ"という曲で、まだメジャーになる前のエリックドルフィのクールなフルートの響きに、これから始まる数十分の幸せを感じていたものだった。
この番組で僕は、Jazzの初手から勉強させてもらったし、すっかりModern Jazzの魅力にはまりこんでしまったんだ。

その内、世の中にはモダンジャズ喫茶、通称ダンモという場所があることを知って、それ以来、僕の高校生活の放課後は、バスケの部活をとるか、通学経路のちょうど半ばにあった歌舞伎町をとるかを常に迫られることになったんだ。
当時の歌舞伎町はJazz喫茶が隆盛を極めていて、路地小路のそこかしこで、犬も歩けば・・・状態だった。

高2の1学期の終わり頃、前から調子の悪かった僕の膝は水がたまるようになっちゃって、夏の合宿を前についに手術。幸か不幸か部活リタイアとなってしまった。

それからは、坂道を転げるようにダンモ一筋。(って、例えが違うか)
夏休みが終わって2学期が始まっても、補導に引っ掛からなかったのが不思議なくらい学生服姿のまま歌舞伎町のJazz喫茶に入り浸っていた。

テーマ : 思い出の音楽 / ジャンル : 音楽

記事URL | やっぱJazzでしょ | トラックバック(0) | コメント(2) | (17:13)  Page Top↑ Bottom↓ 

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。