-------- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | (--:--)  Page Top↑ Bottom↓ 

2004-08-31 (Tue)

愛聴盤かならずしも・・・ (やぱJa その4)

Eric Dolphy at the Five Spot, Vol. 1Eric Dolphy at the Five Spot, Vol. 1
(1994/03/15)
Eric Dolphy Quintet with Booker Little

商品詳細

Jazz喫茶に足を向けた時は少なくとも2時間は聴き込んでいた。
LPレコードの片面は長くてもおよそ20分から25分位のものだから、5、6枚のアルバムのどちらかの面を聴くことができた。1週間で10枚、1年間で120枚以上は間違いなく消化していた。

半年も過ぎると自分の好みもだいたい傾向が掴めて来たように思う。コルトレーン、マイルスを筆頭とする当時のスタープレイヤーや、評価が定まりつつあった若手のハービー・ハンコックやマッコイ・タイナーなどはいつでもどこでも聴くことができたし、もちろん僕もお気に入りだったけれど、自分自身、1ヶ月に1回は無性に聴きたくなるアルバムをいくつか数えることができるようになってきた。
もちろんドルフィーの「At the Five Spot Vol.1」は僕にとっては依然として別格本山だったけどね。

で、その一つがセロニアス・モンクの「Brilliant Corners」であり、ロイ・ヘインズの「アウト・オブ・ジ・アフターヌーン」だった。
ピアニストとしてエバンスとモンクのどちらが好きか?って問われれば、実はエバンスの方が今でも好きだし、ではドラマーでは?ってことならエルビンジョーンズの方を選ぶんだけど、でも無性に聴きたくなる時があるのは例えばこの2枚のアルバムだった。

結局、このユニットのこのアルバムでのコラボレーション、インタープレイが僕好みってことなんだよね。

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ / ジャンル : 音楽

記事URL | やっぱJazzでしょ | トラックバック(0) | コメント(0) | (17:26)  Page Top↑ Bottom↓ 

2004-08-29 (Sun)

やっぱJazzでしょ その3

fc2 040528 PICT0121
高2の夏からの1年間は、2日もJazzを聴かないともう禁断症状が出て3日間は絶対我慢できなかった。
最初のうちは「ビレッジゲート」に通いつめていたけど、やがてもっと色々なJazzを聴きたくなって新宿のJazz喫茶を軒並み訪ね歩きはじめたりもした。
人気盤は何処でもかかるけど、それでもお店によってセレクトされる曲の傾向は異なっていたからね。

二幸(今はアルタだね)の裏の路地にあった「DIG」、ビルの1階には今も相変わらず営業している「アカシア」というロールキャベツが安く食べられることで人気の洋食屋さんがあってその横の狭い階段を上っていく店だった。
この店の雰囲気は、高校生の僕にはちょっと敷居が高くて座禅でも組むぐらいの覚悟で扉をあけたものだった。
その内、紀伊国屋の地下にオープンした姉妹店の「DUG」はもうちょっとカジュアルな感じがしてとてもお気に入りになったけどね。

駅から歌舞伎町に向かう道、都電通り(靖国通り)にぶつかる手前の左手には地下に潜る「びざーる」があり、都電通りに面しては「木馬」があった。歌舞伎町には他にも「ポニー」や「ジャズビレッジ」「ベビーグランド」・・・、ほんとに当時の新宿にはいったい何軒のJazz喫茶があったんだろうと思う。

ドルフィーはもちろんのこと、コルトレーン、マイルス・ディヴィス、ソニー・ロリンズ、クリフォード・ブラウン、スタン・ゲッツ、ビル・エバンス、マッコイ・タイナー、ハービー・ハンコック、セロニアス・モンク、フィニアス・ニューボーン、レッド・ガーランド、ミンガス、ロイ・ヘインズ、エルビン・ジョーンズ・・・。
とにかく聴けたものはすべてありがたく雑食していた日々だった。

そして、もともとは合宿部活費を捻出するために始めた夏冬休みのバイトのギャラと親からもらう小遣いのほとんどすべてはJazz喫茶代とまだステレオも持っていないのにLP盤に消えていった。

テーマ : JAZZ / ジャンル : 音楽

記事URL | やっぱJazzでしょ | トラックバック(0) | コメント(2) | (03:19)  Page Top↑ Bottom↓ 

2004-08-28 (Sat)

やっぱJazzでしょ その2

fc2 040224 PICT0313@新宿歌舞伎町 王城 DiMAGE Z1

数多ある歌舞伎町のJazz喫茶の中で、その頃の僕のお気に入りは、今も建物だけは残っている「王城」という名のマンモス喫茶の前にあった「ビレッジゲート」という店だった。
入口を入ると半地下と中2階状の2フロアに別れていて、ブラックの内装に明るさを抑えた蛍光灯照明が、ちょっとシックでモダンな佇まいのインテリアだった。
でもよくもまあ、通学鞄を手にした学生服姿の高校生を平気で入れてくれたもんだと今考えると不思議に思う。寛容な時代だったのかもしれないね(笑)。

毎日のように苦いだけのけっして美味しくない珈琲を口にしながら、色々なプレーヤーのサウンドを耳にして、最初に感動したのはアルトサックス・フルート奏者のエリック・ドルフィだった。とりわけ僕は彼のバスクラリネットの音色がとっても好みだった。

そこには、ラジオで深夜、家人を気にしながらボリュームを絞って聴くのとは全く違う世界があった。Jazzはやはりボリュームがないとインタープレイのニュアンスがよく伝わらないよね。

当時の超人気盤の一つだった「At the Five Spot Vol.1」はバップライクなドルフィのライブアルバムの最高傑作だと思うし、僕にとってエナジーの源泉だった。マルやブッカーリトルが好きになったのもこのアルバムが出発点だった。
また、たしか亡くなる1ヶ月ぐらい前に収録されたアルバム「Last Date」でのドルフィーのプレイは背筋が寒くなるくらい神がかり的で胸が熱くなった。

その頃から僕のJazz狂いは最初の結婚をするまで続いた。

テーマ : JAZZ / ジャンル : 音楽

記事URL | やっぱJazzでしょ | トラックバック(0) | コメント(0) | (02:59)  Page Top↑ Bottom↓ 

2004-08-26 (Thu)

やっぱJazzでしょ その1

fc2 040224 PICT0329@新宿歌舞伎町 DiMAGE Z1

僕たちの世代のミュージックライフは、ほとんどの場合ビートルズとグループサウンズとフォークソングから始まっている。
J-POPなんて洒落たネーミングはなかったけど、今の若い人たちと同じく当時は演歌なんてとても聴けたもんじゃなかった。
僕もご多分にもれず、せがんで買ってもらったギターを抱えて、友だちと一緒にとっつきやすかったフォークバンドの真似事をしていたこともある。

その頃はLP盤なんて中学生や高校生の子供の手が出る値段じゃなかったし、ステレオなんて夢のまた夢だった。テレビも今みたいに深夜までやっていなかったし、音楽番組も少なかった。それにチャンネル権は絶対的に親の手にあったから子供の自由にはならなかった。

で、情報源はもっぱらラジオ、家族が寝静まった後、勉強するって言いながらラジオの深夜放送に耳を傾けている毎日だった。
TBSのパックインミュージックとか文化放送のセイヤングなんてのを、その日の出演DJやその日の気分で切替えて夢中になって聴いていたけど、僕の場合、高校2年になった頃にはちょっと飽きがきていた。

そんな時、ラジオのチューナーを回していて発見したのが「ラジオ関東(今はラジオ日本というのかな)」という局で、記憶は定かでないけれど、たしか深夜12時頃やっていたJazz番組。モンティ本多(本多俊夫)さんのDJで「ミッドナイトジャズ」って番組だった。

オープニングに必ず流れるのは、チコハミルトン・クインテットの"ブルーサンズ"という曲で、まだメジャーになる前のエリックドルフィのクールなフルートの響きに、これから始まる数十分の幸せを感じていたものだった。
この番組で僕は、Jazzの初手から勉強させてもらったし、すっかりModern Jazzの魅力にはまりこんでしまったんだ。

その内、世の中にはモダンジャズ喫茶、通称ダンモという場所があることを知って、それ以来、僕の高校生活の放課後は、バスケの部活をとるか、通学経路のちょうど半ばにあった歌舞伎町をとるかを常に迫られることになったんだ。
当時の歌舞伎町はJazz喫茶が隆盛を極めていて、路地小路のそこかしこで、犬も歩けば・・・状態だった。

高2の1学期の終わり頃、前から調子の悪かった僕の膝は水がたまるようになっちゃって、夏の合宿を前についに手術。幸か不幸か部活リタイアとなってしまった。

それからは、坂道を転げるようにダンモ一筋。(って、例えが違うか)
夏休みが終わって2学期が始まっても、補導に引っ掛からなかったのが不思議なくらい学生服姿のまま歌舞伎町のJazz喫茶に入り浸っていた。

テーマ : 思い出の音楽 / ジャンル : 音楽

記事URL | やっぱJazzでしょ | トラックバック(0) | コメント(2) | (17:13)  Page Top↑ Bottom↓ 

2004-08-15 (Sun)

やぱ、見てしまうなぁ(^ ^;

オリンピックの魔力か、これは(笑)
今回の開会式自分的には楽しめたなぁ。バルセロナといい勝負です。
もちろんハイテクは使っているのだろうけど、コケ脅かし的演出ではなく、妙にアナログ的なとこがバッチグーでした。

んでもってギリシャがとてもとても偉大な国だったってことをあらためて思いださせてくれましたですよ(^^;

期待通りの金メダルをゲットしたやわらちゃんと野村の精神力はすごいねぇ。

記事URL | 雑想記 | トラックバック(0) | コメント(0) | (01:30)  Page Top↑ Bottom↓ 

2004-08-12 (Thu)

60年分・・・

20080518210603.jpg
昨日、帰省客と逆行するように母が入院しているK市から帰ってきた。
母が入院したのは昨年の8月16日、もうすぐ1年になる。
以来、K市との往復は今回でちょうど31回、それまでは2年に一度行くか行かないかのペースだったから、この1年間で60年分のK市往復を果たしたことになる。
徐々に徐々に病状が悪化していく様を為すすべもなく見守るだけのことはいささか辛い。
孝行は元気なうちにしてこそ価値があるのだと痛感する毎日だ。

記事URL | 雑想記 | トラックバック(0) | コメント(0) | (01:26)  Page Top↑ Bottom↓ 

2004-08-09 (Mon)

めっきり電車も空いてきましたね。

昨日あたりからお盆休みも本格的になってきたようですね。
街の中も電車の混み具合も何となくスカスカのような・・・。
私もお客さんの会社が盆休みに入るので何となくのんびりだらりモードになっちゃってます。

明日はK市で入院している母親の元に行ってきます。
といっても、私を認識してくれるかどうか・・・・

記事URL | 雑想記 | トラックバック(0) | コメント(0) | (01:27)  Page Top↑ Bottom↓ 

2004-08-07 (Sat)

よ!ご同輩

20050126011605.jpg
実は私は限りなく自由業に近い個人自営業だ。
何が自由なのかって聞かれてもようわからんけど、時間の使い方が自己責任であるという点では確かに自由度が高いことは間違いない。
で、仕事に煮詰まると近頃はデジカメ片手にこの猛暑の最中街歩きをすることにしているのだ。

銀塩のカメラはかれこれ10年ほど前に止めていたんだけど最近仕事でまた必要になって、さればこれからはどうせならデジカメでしょってなもんで今年初めにミノルタのZ1ってカメラをとりあえず手に入れたのだ。
いつも仕事鞄の中に放り込んで置きたいのだけど、ポケットカメラじゃ物足りないし、さりとてレンズ交換式一眼タイプは重すぎて持ち運びが嫌だよってなことでチョイスしたのがこのカメラだった。
何よりも38から380ミリまでの10倍ズームが面白そうで魅力的だったし、デザインも近未来的で俺好みだったのだよ。一眼でこの画角をカバーしようと思ったら、あなた、いったい重量とお金がいくらかかるか・・・(笑)
それに伸ばしたってせいぜいA4プリントどまりだしね。

すると意外と多いんだなぁ、年のころ俺みたいなおっさんおばはんが(ちなみに俺は50も半ばすぎてるのよ^^;)俺と同じようにカメラ片手にぶらついてる姿が、それもほとんどが本格的な一眼タイプを携えてさ。
恥ずかしながら世情に疎かったのだけどここ数年来、シニア世代、リタイアメント世代でもカメラが大変なブームになっていたらしい。カメラメーカーが主催しているお教室も満杯らしい。本屋を覗いてみればカメラ雑誌も大隆盛だった。

俺もカメラ趣味を再開してあらためて気づかされたのだけど、写真を撮るって行為は何か「自己癒し的効果」もあるような気がしてきたんだよね。

ご同輩、お互いに楽しみましょうね(笑)

記事URL | うだうだカメラ楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | (01:18)  Page Top↑ Bottom↓ 

2004-08-03 (Tue)

ふぅ、夏休み終わっちまった(--;

fc2 040730 PICT0187@北海道 DiMAGE Z1

灼熱の北海道から昨日帰ってきました。
ほんとに異常気象ですね。
でも久しぶりの北海道はなかなか充実した4日間でした。

阪急旅行社の格安ツアーも捨てたものじゃないです、ハイ。
往復のエアーチケット、2食付3泊分の温泉旅館代、函館~小樽~定山渓~札幌~富良野等々の観光バス代・・・。
5万以下のツアー料金で、一体全体どこで儲けてるんでしょうねぇ。
個人じゃとても組めない企画です。多少の不満は我慢するに足る価値があるみたいです。この手のパック旅行は初体験でしたが病みつきになるかもです。(笑)

北海道向日葵なんぞペタっとな。

テーマ : 花の写真 / ジャンル : 写真

記事URL | 花・草・木 | トラックバック(0) | コメント(0) | (00:29)  Page Top↑ Bottom↓ 

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。