-------- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | (--:--)  Page Top↑ Bottom↓ 

2004-08-31 (Tue)

愛聴盤かならずしも・・・ (やぱJa その4)

Eric Dolphy at the Five Spot, Vol. 1Eric Dolphy at the Five Spot, Vol. 1
(1994/03/15)
Eric Dolphy Quintet with Booker Little

商品詳細

Jazz喫茶に足を向けた時は少なくとも2時間は聴き込んでいた。
LPレコードの片面は長くてもおよそ20分から25分位のものだから、5、6枚のアルバムのどちらかの面を聴くことができた。1週間で10枚、1年間で120枚以上は間違いなく消化していた。

半年も過ぎると自分の好みもだいたい傾向が掴めて来たように思う。コルトレーン、マイルスを筆頭とする当時のスタープレイヤーや、評価が定まりつつあった若手のハービー・ハンコックやマッコイ・タイナーなどはいつでもどこでも聴くことができたし、もちろん僕もお気に入りだったけれど、自分自身、1ヶ月に1回は無性に聴きたくなるアルバムをいくつか数えることができるようになってきた。
もちろんドルフィーの「At the Five Spot Vol.1」は僕にとっては依然として別格本山だったけどね。

で、その一つがセロニアス・モンクの「Brilliant Corners」であり、ロイ・ヘインズの「アウト・オブ・ジ・アフターヌーン」だった。
ピアニストとしてエバンスとモンクのどちらが好きか?って問われれば、実はエバンスの方が今でも好きだし、ではドラマーでは?ってことならエルビンジョーンズの方を選ぶんだけど、でも無性に聴きたくなる時があるのは例えばこの2枚のアルバムだった。

結局、このユニットのこのアルバムでのコラボレーション、インタープレイが僕好みってことなんだよね。

テーマ : JAZZ / ジャンル : 音楽

記事URL | やっぱJazzでしょ | トラックバック(0) | コメント(0) | (17:26)  Page Top↑ Bottom↓ 

<<湯上りのスタジオライブ | ホーム | やっぱJazzでしょ その3>>

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://monk.blog2.fc2.com/tb.php/15-26afc6b0

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。